Doorkeeper

元外資コンサルによる「戦略的プレゼン資料作成講座」2日間集中講義

2019-10-05(土)10:00 - 2019-10-19(土)17:30

アディッシュ(株) 会議室

東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル6階

申し込む
38,000円 前払い
申込締切 10月2日 23:55
10月5日(土)10:00~17:30と10月19日(土)10:00~17:30の2日間合わせての集中講座となります。他のプラットフォームと合わせて計30名の募集となります。
あと5人参加できます。

詳細

※10月5日(土)10:00~17:30と10月19日(土)10:00~17:30の2日間合わせての集中講座となります。
※他のプラットフォームと合わせての募集となります。

【どんな内容?】
「パワポでの資料作りに時間がかかる」「体系的な資料作りの方法を誰にも教えてもらえない」「先輩社員が作った提案資料を使いまわしているだけ...」等の悩みの解決を目的にした講座です。

元外資系戦略コンサルタントが「人を動かす」「一人歩きする」資料を「早く」作るドキュメント・コミュニケーションスキルを体系的に指導します。ドキュメント・コミュニケーションとは、企画や提案を資料に落として、口頭での説明なしでも資料のみで伝わる方法です。

本講座では、いわゆる写真やイメージが中心のプレゼン資料ではなく、相手に資料を渡せば、資料が勝手に一人歩きして、相手が動いてしまう資料の作り方をお教えします。(他方でプレゼン資料はドキュメント・コミュニケーション資料をベースにすればすぐに作成可能です)

単なるPowerPointの使い方だけではなく、コミュニケーションの目的の設定、仮説思考による構成決め、ロジカルシンキングを用いた情報整理、スライドメッセージの決定、図解やグラフによる説明を通して、「総合的な仕事の基礎力」の養成を目指します。

受講料は、2日間13時間の集中講義(+個別添削、トータル300ページ以上の資料)で、1時間あたり2,923円になります。

講師は、法人向けビジネスコンサルティングも行っており、リアルなビジネスの現場の状況を把握し、日々のコンサルティングから得られた知見を常に講座に反映しています。現役コンサルタントだから提供できる「現場で実践されるスキル」を皆さまに提供します 。

講師に関する記事や登壇レポート(他、多数あります)
・日経BizGateの記事 https://bizgate.nikkei.co.jp/series/DF220320183621/
・アカデミーヒルズスクールでのセミナー https://www.academyhills.com/school/detail/av5bgp000000qhi5.html
・ヤフー株式会社LODGEでのセミナーレポート https://www.rubato.co/blog/19030301-2/

【講座説明資料(SlideShare】
https://www.slideshare.net/rubatoslide/ss-140297915

【なぜ資料講座?】
講師がコンサルタントとしてのキャリアを積んだMonitor Groupは、競争優位の戦略、5 forces、バリューチェーン、クラスターなどの理論で有名なマイケル・ポーターら、ハーバード大学ビジネススクールの教授陣によって設立されたトップラインの戦略に特化した少数精鋭の外資コンサルティングファームでした。

そこで企業向けのコンサルティングを実践する中で、事業に関する改善アイデアや強い想いを持つ事業経験豊富なビジネスパーソンと出会いました。一方で、それを表現する力(仕事の基礎力)が彼らに著しく不足していることを感じました。この力の向上こそが個人のキャリアアップや企業の実力アップに必要であることを感じ、8年前の2010年に本講座を開発しました。

今までに本講座を50回以上開催し、全国各地から800名以上の方に受講いただいています。ストアカレビューで4.80の評価をいただいております。

【本講座の特徴】
① 資料を作成するときに必要とされる、あらゆる仕事に求められる6つのポータブルスキルを強化が可能
(1)仮説思考
(2)論点思考
(3)ロジカルシンキング
(4)図解思考
(5)数字思考
(6)文章力

② 資料作成のスピードUPによって個人の生産性を向上し、「考える時間」の創出を実現

考える量=考える速さ×考える時間

「考える速さ」は人によって異なり、速くするためにはかなりの経験が必要です。一方、「考える時間」については、作業時間を減らすことで捻出することが可能です。作業時間を減らすためには、ショートカットを駆使したり、資料作成の「型」と効率的な操作を身に着けたりすることがとても重要です。つまり、「こういう資料を作りたい」と思った時に、自然と指が動く状態を作り上げると、「作る」時間を削減して「考える」ことに時間を割けるようになるのです。

③よくありがちな「講座を受けただけで満足」にならない、実践の場を意識した講座デザイン

▼資料作成の「型」の提供
・200ページの講義資料
・100枚以上のスライドテンプレート
・資料の確認に役立つチェックリスト20
・仕事が劇的に早くなるクイックアクセスツールバーの提供

▼ビジネスの現場での実践力の育成
・27個の役に立つショートカットの習得(テスト付き)
・一人一人の宿題の添削(before / afterのスライド提示、解説)
・外資コンサル出身の現役コンサルタントの仕事TIPS

▼全受講者のスライド添削とフィードバック
資料には一人ひとりのクセがあり、なぜその資料が分かりづらいのかを自分で理解しないと改善しません。
正直なところ、資料の添削は時間がかかりますが、私たちは受講者一人ひとりに向き合うことが重要だと考え、本講座では過去7年で700枚以上のスライドを添削してきました。受講者の資料作成歴、レベル、受講目的に応じて分かりやすくアドバイスします。

▼「2日間で13時間」の集中講義
2週間に3回使った情報は長期記憶されやすい事が立証されていることから、初回の1週間後に宿題提出、2週間後に2回目を開催しています。

▼受講後のフォローアップ&受講生間のつながり
2日目終了後に懇親会を開催し、「学ぶ」だけでなく「つながり」に発展しています。受講生のSNSコミュニティでは、資料作成以外の勉強会が開催されたり、様々な情報交換が行われたりしています。(任意参加)

【講師紹介】
努力系 元外資戦略コンサル 資料作成のプロ
松上 純一郎

同志社大学文学部、神戸大学大学院、University of East Anglia修士課程を修了。

米国戦略コンサルティングファームMonitor Groupに入社し、外資系製薬企業のマーケティング戦略や営業戦略、途上国政府の依頼によるツアリズムのマーケティング戦略、国内企業の海外市場進出戦略やパートナーシップ戦略策定にも参画。
その後、シリコンバレーのベンチャーキャピタリスト原丈人率いるアライアンス・フォーラム財団に参画。発展途上国プロジェクトの企画立案・実行に従事。ザンビア、バングラデシュでの日本企業のマーケティング支援に携わる。

現在は株式会社ルバート代表取締役を務め、コンサルティング事業、研修事業に従事。「津田塾大学学外学修センター特別講義「はじめてのプレゼン資料作成講座」担当講師。

著作に『ドリルで学ぶ!人を動かす資料の作り方』(日本経済新聞出版社)、『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』(技術評論社)

講師のTwitter @J_Matsugami
講師が主催するRubatoアカデミアのTwitter @RubatoAcademia
講師が代表を務める会社HP https://www.rubato.co/

【受講対象者】
・企画営業、マーケティング、経営企画、コンサルタントなど企画や情報をまとめて人に伝える仕事に従事されている方、あるいは目指している方

※営業・マーケ職からコンサルタントを目指される方や事業会社からコンサルティングファームへの転職を機に受講される方も多数いらっしゃいます。また、部署異動や転職によって、資料作成の機会が増えて自身のスキル不足を感じ、必要に迫られて本講座に駆け込んでくる方が多数いらっしゃいます。

【受講料】
・受講料:¥38,000(税込)
・受講料には、講義・添削・教材費等全て含まれています。
・懇親会にご参加の場合は、別途懇親会代が必要です(任意参加)

【留意事項】
・1日目終了時に宿題を出します。原則、1週間後の提出期限までの提出必須ですが、やむを得ない理由がある場合には、遅れて提出された場合にも添削指導いたします。
・参加者からの質問などへの対応により、終了時間を30分程度オーバーする場合があります。予めご了承ください。
・急用等でどうしても日程の都合がつかなくなった場合には、事前に連絡していただければ半年以内の他日程に振替が可能です。
・提携保育園での託児サービスを利用していただいた場合、子育て中のパパママ支援のために受講料を1日あたり3,000円特別に割引します。提携保育園での託児サービスの料金は9,350円/日です。

コミュニティについて

元外資系コンサルタントが教える ビジネスパーソンのための資料作成スクール

元外資系コンサルタントが教える ビジネスパーソンのための資料作成スクール

<こんな悩みはありませんか?> – ちょっとした資料や分析に時間がかかり、気がつけば残業。。。 – 話の内容や資料がわかりにくいとよく言われる – 根性がウリだが、それだけでは通用しないと感じてきた – 自分の考えを上司に上手く伝えられない -顧客に提案がうまく伝わらない <原因は何か?> 仕事で行き詰まりを感じるのは、多くの場合経験ではカバーできない「スキル不足」に起因しています。 20...

メンバーになる